ブラン:ベージュ・スタッフブログ
愛知県安城市のゲストハウスウエディング結婚式場

幸せのカタチ

こんにちは。
皆様はこの年末年始はどう過ごしましたか。

去年、結婚式を挙げた方も
今年、結婚式を控えている方も

この年末年始はきっとお互いのご親族やご友人と
結婚式のお話しをしたことと思います。


「結婚」と言っても
何をもって結婚を実感するかは人それぞれだと思います。

一緒に住み始めて
入籍をして
結婚式を挙げる方もいれば

結婚式を挙げた日に入籍をして
その後一緒に住み始める方もいます。

何が正解というのはなく
それぞれのご事情や感覚で順番は決まっていくと思います。


もともと一緒に住んでいた方は
市役所へ婚姻届を出した時に「結婚」を実感する方もいれば

新しい苗字で名前を呼ばれたときに「結婚」を実感する方、

一緒に住み始めたときに「結婚」を実感する方

「結婚したんだ」と思う瞬間は様々だと思います。


ただ、共通して一番実感しやすいのは
「結婚式」だと思います。

「結婚おめでとう」とたくさんの方から祝福され、
大切な皆様の前で
「ふたりで力を合わせていき、幸せになります」
と決意をする日。


その時に、入籍をしていても、していなくても
一緒に住んでいても、住んでいなくても
また、入籍をして少し時間が経っていても

改めて、ふたりの門出となる日が結婚式です。


そこにたどり着くまでには
マリッジブルーと言われるように急な不安を感じたり
少し喧嘩が増えたり
今まででは見えなかった一面が見えたり…

それぞれが
自分でも想像できなかったことで悩む日もあると思います。

楽しい新生活もそれが続けば日常になってしまい、馴れ合いにもなってしまいます。



でも「結婚式」を迎えると

普段ではわからない友人に囲まれている姿や
会社の方から信頼されている姿
周りの方から愛されている姿
そして普段ではなかなか言えない本当の気持ち

そこに触れることができ、
周りの方への感謝と同時に

「やっぱり、この人と結婚できて本当に良かった。本当に幸せ。」

そう改めて感じられる魔法の1日だと私は思います。



最近では結婚式を挙げないという方も増えてきていますが

どこかのタイミングでは
「結婚したと実感する」ことで
家族になった「責任」や「支えていく為の強さと優しさ」を
より感じることができるのはないでしょうか。


そのタイミングが結婚式だとしたら
挙式後何年経っても
写真や映像を見返すことでその時の気持ちはすぐによみがえってきます。


これから先どんなことが起きても2人で乗り越えて
その瞬間だけではなく、その後もずーっと幸せが続きますように



私たちはそんな結婚式を追求していきたいです!!



小林















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です